アクア-Dシステムへのデータ取込みと、中央データセンターへの提出後までの流れ、データの活用方法についてご説明します。

収集データ、データの流れ、タスク

​透析診療ネットワークでは、各参加施設に導入するアクア-Dシステムを通じ、データを定期的に収集します。

収集したデータは、半年に1回、中央データセンターにオンライン提出いただきます。

​また、中央データセンターは、データを加工し、各参加施設に返戻します。

​収集データ、データの流れと、タスクをご説明します。

 

収集データ

 

データは、次の3つの方法で収集します。

 ① 各参加施設のシステムからアクア-Dシステムに取り込み

 ② アクア-Dシステムに直接手入力

 ③ 調査票で収集

​それぞれのデータの種類と、収集時期は以下をご覧ください。

① 各参加施設のシステムからアクア-Dシステムに取り込むデータ

レセプト

月1回・診療月の翌月分

(院外処方含む・月遅れ含む・

返戻分除く)

血液検査ファイル

透析通信システム等の出力データ

月1回・前月分

② アクア-Dシステムに直接手入力するデータ

​転帰・背景情報

​随時入力

③ 調査票で収集するデータ

​Quality of Life(QOL)

末期腎不全に伴う症状

年1回聴取

データの流れ

データは、①~④の流れで収集・返戻します

対象

データ

① データ入力

② 6か月に1回データ提出​

③ データ加工

④ 加工済のデータを返戻

各参加施設でアクア-Dに入力されたデータは、6か月に1回、中央データセンターに提出いただきます。

中央データセンターは、それを加工して各参加施設に返戻します。

② 6か月に1回データ提出

③データを加工

① データ入力

中央

データセンター

④ 加工済のデータを返戻

 

参加施設と中央データセンターのタスク

データの流れ①~④では、次のタスクが発生します。

① データ入力

月1回(手入力は随時)、各データを出力し、アクア-Dシステムに

取り込んでいただきます。

レセプト

​透析通信システム

血液検査

転帰・背景情報

取り込んだデータは、一旦、アクア-Dシステムに蓄積されます。

② 6か月に1回のデータ提出

6か月に1回、アクア-Dシステムに蓄積されたデータを、オンラインでご提出いただきます。

中央デ|タセンタ|

​③ 調査票を回収し電子化します

各参加施設で実施いただいた調査票の回答結果を、中央データセンターで電子化します。​

個人情報保護のため、中央データセンターは、調査票用IDと回答結果のみを受領します。

​④ 全施設分のデータを統合したデータベースを作成します

各施設からオンライン提出されたデータセットと調査票データを統合

して全施設分のデータベースを作成します。提出されたデータにつき、不備がないか精査します。

​⑤ データセットに加工します

中央データセンターでは、受け取ったデータをより解析しやすいデータセットに加工します。

​研究テーマに応じ、出力データをより解析に適した形式に加工することも可能です。

(*別途費用が発生する可能性あり)

⑥ 加工済のデータを各施設にお返しします

施設ごとのデータセットをお返しします。

定期的に診療の質指標などのデータのサマリーをフィードバックします。

(診療の質の指標の一例)

認定NPO法人 健康医療評価研究機構  アクア-Dセミナー事務局

aqd@i-hope.jp