セキュリティ対策と個人情報の保護

透析診療ネットワーク(アクア-D)では、個人情報は「個人情報の保護に関する法律」の趣旨に従い、

個人情報を適切に保護するため、次のことを実施します。

 

セキュリティ対策

参加施設

①各データを、USB経由でアクア-Dシステムに取込みます

②年2回、アクア-DシステムからIP-VPNにて、中央データセンターサーバに送信します

生データ

匿名化データ

​中央データセンター

匿名化データ

IP-VPN

【取込み時の個人情報イメージ】

【サーバ送信時の個人情報イメージ】

【中央DCで表示される個人情報イメージ】

 

個人情報保護

特定の個人を識別できないように処理しています

各参加施設からデータを持ち出す際、

患者ID、患者名など個人を識別する情報は、コンピュータプログラムによって暗号化されます。

いったん暗号化された情報は復元できないため、データがどの個人のものかを特定されることはありません。

データは、IP-VPNにて転送を行います

各参加施設からデータをご提出いただく際、高いセキュリティが担保された

IP-VPN(Internet Protocol Virtual Private Network)にて転送いただきます。

データは、中央データセンターが管理するセキュアなサーバに保管します。

IP-VPN

患者さまから個別同意を取得します

患者さまから書面による個人同意を取得します。
同意をいただけなかった場合、アクア-Dシステム上で該当者のデータが出力されないよう設定することができます。

認定NPO法人 健康医療評価研究機構  アクア-D研究事務局