アクア-Dシステムとは

透析診療ネットワークでは、参加施設からの透析患者の臨床データ収集と標準化を行うためのシステム

『AQuAH-D*(アクア-D)システム』を開発いたしました。

透析診療ネットワークへの参加決定後、各参加施設にアクア-Dシステムを導入したノートPCを設置し、外来血液透析患者の日常診療のデータを収集します。

また、年2回アクア-Dシステムからデータを出力し、提出します。

 

             * アクア-Dシステムは、京都大学医学研究科医療疫学分野により開発されました

 

機  能

アクア-Dシステムには次の機能があります

1. 日常診療で蓄積される電子データのデータベース化

レセプト、透析通信システム、血液検査などの日常診療で蓄積される電子データをUSBから読込んでデータベース化します。

研究利用しやすい形に成型する機能を備えています。

2. 転帰情報、背景情報の入力

電子データでは捉えにくいデータである転帰情報、背景情報をノートPCの画面上で追加入力することができます。

入力しやすいようにプルダウン形式です。

3. データの匿名化

個人情報は、データベースに取り込まれた時点で匿名化します。出力されるデータも匿名化されています。

4. 入力情報の閲覧

入力したデータは、患者個人の画面で閲覧できます。患者サマリーとしてご利用いただけます。

5. QIデータの閲覧

ノートPCの画面上でQI(Quality Indicator:診療の質)データを閲覧できます。

QIデータは、データベースに登録されたデータから算出されます。

* 詳細は、こちらをご覧ください。

6. ​透析医学会調査のデータ作成に役立つcsvファイルの出力

毎年の透析医学会調査フォームに合わせた形式のcsvファイルを出力できます。

 

アクア-Dシステムの画面イメージ

メインメニュー

「患者情報」ボタンを

クリックすると、

患者情報が表示されます

認定NPO法人 健康医療評価研究機構  アクア-D研究事務局